殺処分とは? 殺処分 - Wikipedia

殺処分(さつしょぶん)とは、法律上は家畜伝染病予防法のみに書かれている用語だが、近年は以下にある政令「動物の殺処分方法に関する指針」などの表題に用いられたため、「不要な、もしくは人間に害を及ぼす動物を殺害すること」という広い意味で使用されるようになった。

日本国内での殺処分数は、犬は年間約5万頭、猫は約14万頭である(2011年度)。
猫のほとんどは生後間もない子猫であるが、これは飼い主が飼い猫の避妊・去勢処置を行わなかった結果、無秩序に増えすぎて飼えなくなった子猫が処分されるためである。

迷子のペットは、保健所で捕獲されている場合があります。
飼い主からの連絡がない場合は、約1週間程度で、殺処分にされるそうなので、ペットが行方不明になった場合は、最寄の保健所に問合せることをお勧めします。

環境省が、飼い主を探している犬や猫の情報を紹介しています。


収容動物検索情報サイト - 環境省
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/shuyo/


収容動物の情報を掲載している自治体リンク先一覧 - 環境省
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/shuyo/link.html


各自治体と協力して、殺処分を減らしましょう!

環境省が、犬・猫の殺処分ゼロに向けたアクションプランを発表しました。(2014-06-03)


人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト - 環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/project/


プロジェクトに協力して、殺処分を減らしましょう!

人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト